3Dシェイパーの料金はどれくらい?他のEMS機器との価格を徹底比較!

ライザップから販売されている3Dシェイパー(3D shaper)。

「気になるけど料金はどのくらい?この価格って他のEMS機器と比べて高いの?低いの?」と気になる人もいるのではないでしょうか?

このページでは3Dシェイパーの価格や支払い方法をご紹介するとともに、各社の人気EMS機器の料金を比較していきます。

・ 3Dシェイパーの料金
・ 注文までの流れ
・ 支払い方法
・ 販売店
・ 他のEMS機器との料金比較

以上の内容に触れていくので、興味のある方はご覧ください!

3Dシェイパーの価格はどのくらい?

ライザップ公式サイトによると3Dシェイパーの価格は税抜で28,800円、税込で31,104円となっています。 セット内容は以下の通りです。

本体(3D CORE)
取り扱い説明書
専用ジェルパッド
保管用プレート
サポートベルト
スライダーケース

3Dシェイパーの支払い方法って?

3Dシェイパーは支払い方法は①代金引換と②クレジットカードの二種類です。

その他の支払い手段としては「クーポン」や「キャンペーンコード」があります。

3Dシェイパーはどこで販売しているの?

3Dシェイパーは現在(2018年8月時点)ではライザップ公式サイトのみで販売しているようです。

Amazonも3D shaperを取り扱っているようですが、現在は「在庫切れ」となっており購入することが出来ません。
楽天にはそもそも販売されておらず、見つけることは出来ませんでした(汗)

フリーマーケットやネットオークションでは偽物や不良品を売る人もいるので、ライザップ公式サイトから購入するのが一番安心のようですね。

他のEMS機器との価格を比較!

ここからは3Dシェイパーの価格と他のEMS機器の価格を比較していきたいと思います!

ちなみにサラッと出てきた「EMS機器」という言葉は、3Dシェイパーのように電気的に筋肉を刺激する運動器具のことを指しています。

このようなEMS機器は普段あまり鍛えることの出来ないインナーマッスルを鍛えるのに効果があります。

そのため家で苦しい腹筋を続けるよりもお手軽に引き締まったウエストが手に入りやすいと言われているのです!

SIXPAD

腹筋を鍛えるEMS機器の代表ともいえるSIXPAD。CMで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

6つに分かれたウィングが筋肉の形にピッタリとフィットするので、より効果的に腹筋を鍛えることが可能となっています。

SIXPADの価格は税込で27,864円。

また購入すると1年間の品質保証がついてきます。

スレンダートーン

ベルト型のEMS機器となっているのがスレンダートーンです。

数々のメディアにも掲載されており、世界販売台数900万台を突破している人気商品です。

こちらも3DシェイパーやSIXPADと同じように腹筋専用のEMSで、公式サイトには実際にウエストダウンした例がいくつも紹介されています。

スレンダートーンの価格は通常、14,800円ですが、現在8月10日までの期間限定で5,000円引きの9800円のお値段となっています。
※ キャンペーン価格は2018年8月4日時点のものです。

バタフライアブス

バタフライアブスはこれまで紹介してきたEMS機器とは異なり、お腹だけでなく脇腹や二の腕、太ももなどに使用することが可能な小ぶりのEMS機器です。

あえて小さく設計することで、体の気になる箇所を集中して鍛えることが出来るようになっています。

パタフライアブスの価格はスターターセットで12,800円。

セット内容にはバタフタイアブス本体・専用リモコン・USB型充電器・取り扱い説明書がついています。

また効果が感じられない場合、商品が到着してから30日以内であれば商品返金に応じてくれるとのこと。

これなら安心して使用することが出来ますね!

それぞれの料金比較を表にまとめてみました

料金比較 3Dシェイパー
(3D shaper)
SIXPAD スレンダートーン バタフライアブス
価格(税込) 31,104円 27,864円 9,800円 12,800円

価格だけで比べると3Dシェイパーが少し高めの価格であることが分かりますね。

しかし3D shaperはただ高いだけではありません。

通常1回の使用に必要な装着時間をカットしており、1回の使用では10~15分程度で済むようになっています。

コードレス対応なのでどこでも装着することが出来ますし、日本で製造されているため品質も保証されています。

8つというパッド数も他のEMS機器と比較して多いので、効率的に腹筋にアプローチすることが出来るのです。

3Dシェイパーはこれだけ高いスペックを持っているため、この価格になっているんですね。

「どうせなら効果的なEMS機器を使いたい!」という本格派の人にはおすすめの商品です。

ページの先頭へ